本文へスキップ

  いのちの授業 鈴木中人

○○○○○○○○○○○○○○○ビルダー会



"いのちの授業" 三つの誓い

 
 生き抜く、支え合う、ありがとう、寄り添う、笑顔を大切にする!  
 普通の生活の中で、いのちを大切にする小さな実践を続ける!
どんなことがあっても、お父さん、お母さんより絶対早く死なない!

いのちの授業いのちの授業いのちの授業










”いのちの授業” の思い


私は、元々は地元の会社に勤めるサラリーマンでした。
社内結婚した妻と二人の子どもをと、どこにでもいる普通の家族として暮らしていました。
突然、人生のまさかが襲いました。

長女・景子が小児がんを発病したのです。景子三歳、私は三十四歳でした。
人生の当たり前が崩れました。
子どもは成長するする存在から、死ぬかもしれない存在に。
一緒に暮らす家族はバラバラに。
働き盛りの仕事は、闘病と育児のやり繰りの毎日に。

景子は、約三年間闘病して亡くなりました。必死の祈りも叶わずに…


いのち、死ぬ、生きる、家族、働く、良き医療、幸せ、運命とは何だろうか。
苦悩と涙の中で、何回も何回もそう思いました


十年後、何のあてもなく会社を早期退職して「いのちの授業」を始めました。
景子が遺してくれた「いのちのメッセージ」をバトンタッチしよう、ただそれだけの思いです。四十七歳でした。
 
超零細一人稼業になって、人生の情景も随分と変わりました。
たくさんの「いのちの体験と出逢い」が積み重なりました。
そして、「生きる」が一本の糸として紡がれていきました。

「いのちの授業」の活動は、もう10年を越えてています。
全国の学校・行政・医療福祉・企業などで開催されて、三十万人の方が参加いただいています。

小学校道徳の教科書にもなりました
ふと気づくと、私の髪も随分と白くなりました。


今、自分の歩みを振り返りながら、切に願うことがあります。


いのちが粗末にされています。
子どもたちに、いのちのメッセージを伝えてください。

<いのちのメッセージ>

限りがある「いのち」
愛されている「いのち」
支えられている「いのち」
かけがえのない「いのち」
つながっている「いのち」
自分だけのものでない「いのち」
大切な自分の「いのち」、大切な友だちの「いのち」

あたりまえにある「いのち」は、「きせき」なんだよ
むだな「いのち」なんてひとつもないんだよ

だから「生きる」んだ
 


心揺れる時代と言われています。
しかし、揺れているの自分の心ではないでしょうか。
いのちに思いをはせて、生きること・働くことをみつめてほしいのです。
本当に大切なことに気づき、幸せになるためのヒントがきっとあります。


いのちの授業は、いのちに思いをはせて、いのちのご縁を紡ぎ、生きるを拓くものです。
ぜひ、いのちの灯をバトンタッチさせてください。


鈴木 中人


     中学校での「いのちの授業」(7分)          絵本の朗読「いのちの授業」(11分)


     




      











”いのちの授業” へのメッセージ
〇児童、生徒、学生
「お母さん、お父さんより絶対早く死んではいけないと思った」
「いのちは、奇跡なんだ。一日一日を大切に生きたい」
「生きたくても生きられない”いのち”がある、涙が止まりません。友達や家族に、ありがとうと伝えたい」

〇保護者、教師
「子どもに伝えなければならない一番大切なことが、いのちだと気づいた」
「息子の手を握りながら涙が流れました。きっと息子も、いのちを感じてくれたと思います」
「子どもも、親も、教育者も、みんなで一緒に『いのちの授業』を聴いてほしい」

〇社会人、経営者、医療福祉関係者
「一番印象に残ったのは、使命=限りある命をいかに使うかです。生きるための根っこを考えさせてもらった」
「生きる幸せ、働く喜びを感動の中で気づきました。清々しい気分です。部下や家族にも、いのちを伝えます」
「医学は科学、医療は人間愛。尊厳ある生。いのちを支え守る喜びと覚悟。一つ一つ、心にしみました」
















 
”いのちの授業” を応援ください
 
一人の一歩が、百人で百歩になります。大切な仲間として、いのちの活動にご支援ご参加ください。
     
 ・講演会やセミナーの主催やご紹介    〜「いのちの授業」
 ・企業研修、大学・専門学校教育への導入 〜「いのちの研修」   「いのちの講座」
 ・会報「いのちびと」の定期購読     〜「いのちびと」
 ・がん・小児がんの支援や教育への導入  〜「ゴールドリボン」  「がん教育」 
 ・当会主催、共催のイベントへのご参加  〜「いのち寺子屋」   「いのちの大会」
 ・講演録、書籍のご購入         〜「いのちの授業 講演録・本・DVD」
 ・いのちの授業、当会活動のご紹介    〜「いのちの授業 報道」
 ・当会賛助会員へのご登録        〜「入会・寄付」
 ・諸活動に取組むためのご寄付・協賛   〜「入会・寄付」  













新着情報です
 ■「広げよう!いのちの授業」第14回大会(8/26)チケット販売中です
 ・日時 =8月26日(日)12:30〜16:40 定員180名
 ・場所 =名古屋ウインクあいち小ホール
 ・内容 =@クラウンショー  Aミニ講演:寺田恭子、鈴木中人
      B教育落語:玉置崇(愛狂亭三楽) Cミニトーク
 ・主催 =いのちをバトンタッチする会
 ・申込方法=大会チラシをごらんください。

 ■月刊「健康教室」7月号特集に寄稿文が掲載されました
 ・特集 =がん教育 
 ・テーマ=がん教育を「いのち」学ぶ場に 
 ・内容 =いのちの授業、
      がん教育で大切にしたいこと、
      がん教育を「いのち」学ぶ場にする実践、
      がんを通じて”生きる・いのち”を育む
 ■定期購読誌「いのちびと7月号」発行しました
 ・いのちの言葉 〜 土にかえること  鈴木中人  
 ・この人〜「農業は、自然と人の力と心 自分しかできない農業を求めて」
      平石 博(泣Oリーン代表取締役)
 ・心に響く「いのちの話」〜
    子安由美子(愛知県社会福祉協議会)、中居正文(潟激Kート代表取締役)
 ・いのちの便り 〜「小さな行動をすること」「ニコニコと歩く」
 ・私の思い 〜 竹内圭介(鶴嶺学園副理事長)
 ・いのち いきいきコーナー〜  千葉亨(社会福井法人柏寿会)

■いのち寺子屋in福岡(8/19)チケット発売中です
 ・日時 =8月19日(日)14:00 〜17:00 
 ・場所 =福岡市 光専寺(福岡市中央区平尾22−15)
 ・内容 =@「いのちを語る」〜竹之内裕文、福田雅世、鈴木中人
      A「いのちを歌う」〜インスハート
 ・主催 =「いのちの授業in福岡」実行委員会 
 ・申込方法=チラシをご覧ください
 
■いのち寺子屋in神戸(10/1419)を開催します
 ・日時 =10月14日(日)12:30 〜16:40 
 ・場所 =神戸市教育会館501会議室(神戸市中央区中山手通り10−5)
 ・内容 =@「いのちを語る」〜中川千都子、福原正仁、濱口直哉、、鈴木中人
      A「ミニコンサート」〜北村遥明
      Bみんなトーク
 ・主催 =虹天塾神戸・近江、播州幸せ広げる会、講志会
 ・申込方法=チラシをご覧ください 
 

 

                                           

contents

いのちをバトンタッチする会

〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南2−7−2
東海医療科学専門学校内
TEL/FAX  052-581-8686
メール inochi-b@hm7.aitai.ne.jp

 

スマートフォン版

スマートフォン版